鹿児島県・宮崎県・都城・建築設計・1級建築士・住宅・店舗デザイン・インテリア・リフォーム・建築家・家作り

Q & A

設計業務Q&A

設計依頼時などによくお伺いする質問をまとめてみました。ご依頼やご相談の際の参考にお役立てください。

< Q1 設計を頼む場合、どうすればいいのですか?

まずは、お気軽に電話やE-mailなどでご連絡下さい。ご相談は無料です。
土地購入前のアドバイス(ご紹介、下見同行等)も行っております。

また、不定期ながら開催している見学会などのイベントも、ぜひご利用ください。

見学会は、私たちの仕事を私たちの友人や知人も含めて気軽に見に来て頂くもので、ハウスメーカーなどのモデルハウスなどとは違い、その後、しつこく営業の電話や訪問をするというような事はいたしておりませんので、どうぞお気軽にお越しください。

< Q2 具体的に設計業務とはどういうものですか?

1) まず、プランや概算予算などの設計の大枠を決める基本設計業務。

正式な依頼を受けたら”設計業務契約”を取り交わして頂きますが、その前に建築士法で定められた”重要事項説明”を行い、説明を受けた旨の署名及び印を頂き、契約後契約内容に基き、業務に取り掛かります。
(契約金:第1回支払い・・・設計報酬総額の1/4)

2) 次に詳細な仕様を決めていく実施設計業務。

基本設計(スケッチやパース、模型等に依り、プランやカタチがまとまるまで数回の打合せを行います。)が終わりましたら、確認申請(建築基準法)や工事見積もりに必要な詳細図を作成します。
(第2回支払い・・・設計報酬総額の1/2)

3) 最後に図面通りに工事が進んでいるかどうかを監理していく設計監理業務の三つがあります。

当社の場合、毎週一回の現場工程会議を基本にしております。(遠隔地の場合は状況に応じて対応いたします。)
その他、随時、メールや電話、FAX等で対応しています。
完了検査合格後最終支払い(設計報酬総額の1/4)(約二週間内)

また、建築時に必要な確認申請などの役所や公的機関への申請業務を、実施設計の中でおこないます。

■ 設計監理業務/設計報酬の流れ

重要事項説明書(建築士法) →  設計監理業務委託  →  設計監理業務受託  →   設計監理契約   →  第一回支払い(契約額の1/4) → 基本設計(模型製作含む)  →  実地設計  →  実地設計完了  →  建築確認申請  →  第二回支払い(契約額の2/4)  →  工事費見積もり及び調整  →  工事請負契約  →  工事着工  →  工事監理  →  工事完了 →  完了検査  →  第三回支払(契約額の1/4)

< Q3 設計料はいくらくらいかかりますか?

設計料は、設計する住宅の内容によって変わります。
一般的には、工事費の何パーセントというかたちで、設計料を決めている設計事務所が多いようですが、私たちの事務所では、坪数単価で計算してご提示しています。

また、工事費に関係なく、四角の単純な住宅でしたら、設計料は安くなりますし、複雑な間取りや形、あるいは住まい手の方のご都合で変更が度重なる場合などでは設計料が高くなります。
とはいっても、おおよその目安としては、坪当たり5万円程度(15,000円/㎡)になると考えておいて頂ければ、まず間違いはないかと思います。

Q4 設計事務所に依頼すると、設計料の分、高くつきませんか?

 価値観の問題であり、現場での監理業務以外に、設計プロセス特に思考過程が、直接目に見えない分、世間的にもっとも理解されにくいところでもあります。

工務店やゼネコンの見積書には設計料という項目が、記載されていない例がほとんどです。不思議だとおもいませんか?、設計を行っている以上、そこに専門的な特殊能力(デザインセンスや構造、機能、法規制、コストなどとのバランス感覚等々)や膨大な人件費が掛かっています。それを諸経費や各工事項目の金額に含めてブラックボックス化しているのが現状です。また、そこに第三者のチェック機能が働かないという事も一考すべき問題です。

Q5 工事監理とはどのような事を言うのでしょうか?

 工事が完成するまでには予期しない様々な出来事が発生します。施工ミスやクライアントの変更要望などの全てに、コストバランスを図りながらより良いもの作りを目指して対応していきます。場所や工事の進捗状況にもよりますが、工事完成まで毎週一回の現場会議立ち会いが基本です。あえて厳格な決まりは設けず、現場主義をモットーに、その都度、臨機応変に対応しています。

Q5 工事はどこが行うのですか?

特にご要望などがない場合は、建てる場所や住宅の構造・規模などの違いにより、それに見合った、私たちの設計をよく理解してくれていてアフターケアも万全な、信頼のおける工務店をご紹介しています。

また、ご要望により知り合いの工務店などに工事を頼みたいという場合は、まずは、その工務店の仕事ぶりを見せて頂いて、設計に沿った工事ができるかどうかを判断させて頂く事にしています。

他にも直営工事など手段は色々あります。どの方法が最も相応しいか一緒に考えましょう。

< Q6 設計期間や工事期間は、どれくらいかかりますか?

基本設計の期間は、個々の事情により様々ですが、ライフスタイルのお話を伺ったりしながら、ある程度案がまとまるまでには、最低1ヶ月程度は必要になってきます。
その後の実施設計は住宅の場合、通常ですと、2階建て木造で1ヶ月程度。その他の構造で2ヶ月~3ヶ月程度が目安になります。

工事期間は、2階建て木造や鉄骨造で最短4ヶ月~6ヶ月程度。鉄筋コンクリート構造で最低7ヶ月程度になります。

他に、敷地条件によっては、様々な行政への申請手続きの期間が、案外と必要になる場合があります。
いずれにしても、まだ先の事だと思わずに、お早めにご相談頂く事が、より良い住まいづくりに繋がるとお考え下さい。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-2084-1000 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Copyright © 中岡設計工房 中岡盛久 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.